ウィッグの選び方

通気性病気による脱毛や抗がん剤治療の副作用による脱毛は髪の毛がどの程度抜けるかも多少違いがあります。脱毛症ですと女性の場合すべて抜けるわけではなく薄くなる症状で止まる人もいます。抗がん剤治療による脱毛から発毛、髪の回復という変化があります。脱毛後の状態でフィットしていても治療が終了し髪の毛が生えてくるとサイズが変わります。ウィッグがきつくなり締め付けによる頭痛を引き起こす可能性があるのでサイズ調整可能な医療用ウィッグを選びましょう。

医療用ウィッグを購入する際地肌に直接触れる内側のネット部分に熱や汗をため込まない通気性の高い素材や工夫があるのかを確認しましょう。通気性が高くないと長期的にかぶることによりムレてしまいそれが頭皮の炎症を引き起こす可能性があるからです。頭皮のトラブルは毛髪に影響を直接受けてしまうので気を付けましょう。

医療用ウィッグはお手入れ等手間もかかりますが、カット調整などでヘアスタイルを変化させることが可能です。可能な範囲でとなりますがおしゃれもできます。メンテナンスも定期的に行えば綺麗な状態に保つことができるので購入する際にその店舗のアフターサポートがしっかりしているかを調べておきましょう。