購入と補助制度

医療用ウィッグは既製品、セミオーダー品フルオーダー品とあります。勿論フルオーダー品は一番価格が高いですが、サイズや髪の毛の長さやスタイルも希望通りになるのでこだわる方は選ぶのをおススメします。既製品を選んでも髪質と髪色の違いより自分の顔の形に合わないという場合がありますが、購入した専門店や美容院でカットしてもらえば自然と合ってきます。

医療用ウィッグ医療用ウィッグを長期間使う人はともかく一時的なものの場合は購入するには価格が高く感じる人も多いでしょう。医療用ウィッグは購入するだけでなくレンタルという方法があります。お試しや短期間での利用が可能なので、目的に応じて選択しましょう。医療用ウィッグにも帽子用ウィッグというものも存在します。毛がついている帽子で帽子をかぶるだけでおしゃれができます。

医療用ウィッグは健康保険や高額医療費等の適用がありません。予算を決めて様々なメーカーが存在するのでその中から自分に合うものを選ぶというのが基本になります。最近では医療用ウィッグの購入代金の一部を補助する制度が始まっており、補助制度がある自治体がある地域にお住まいの場合は補助を受けることができます。価格に悩んでいる場合は一度お住まいの地域に該当する自治体があるかを調べてみましょう。

ウィッグの選び方

通気性病気による脱毛や抗がん剤治療の副作用による脱毛は髪の毛がどの程度抜けるかも多少違いがあります。脱毛症ですと女性の場合すべて抜けるわけではなく薄くなる症状で止まる人もいます。抗がん剤治療による脱毛から発毛、髪の回復という変化があります。脱毛後の状態でフィットしていても治療が終了し髪の毛が生えてくるとサイズが変わります。ウィッグがきつくなり締め付けによる頭痛を引き起こす可能性があるのでサイズ調整可能な医療用ウィッグを選びましょう。

医療用ウィッグを購入する際地肌に直接触れる内側のネット部分に熱や汗をため込まない通気性の高い素材や工夫があるのかを確認しましょう。通気性が高くないと長期的にかぶることによりムレてしまいそれが頭皮の炎症を引き起こす可能性があるからです。頭皮のトラブルは毛髪に影響を直接受けてしまうので気を付けましょう。

医療用ウィッグはお手入れ等手間もかかりますが、カット調整などでヘアスタイルを変化させることが可能です。可能な範囲でとなりますがおしゃれもできます。メンテナンスも定期的に行えば綺麗な状態に保つことができるので購入する際にその店舗のアフターサポートがしっかりしているかを調べておきましょう。

病気による脱毛

脱毛症自然とではなく病気や薬による副作用で脱毛してしまうことがあります。メディアでがんなどの闘病生活で抗がん剤治療による副作用で脱毛している患者が紹介されたり、抗がん剤の副作用による脱毛は非常に認知度が高いでしょう。病気による脱毛は病気だと割り切れるものではありません。脱毛により髪の毛がなくなるのは普段当たり前のようにあるものがなくなるということなので精神的負担は非常に大きいです。容姿は一番自分でも目につき他人にも目が付きやすいものです。女性は特にショックが大きいものでしょう。その病気による脱毛症によるものをカバーするために医療用ウィッグが開発されました。

病気による脱毛症といっても、複数種類あります。自己免疫疾患により体の中の物質を異物だと誤認して免疫が攻撃してしまい起こる病気や壮年性脱毛症という髪の毛のサイクルが乱れ抜け毛が増える病気もあります。男性だけではなく、女性も十分起こりうる病気ですので決して縁遠いものではありません。自律神経の乱れやストレス、免疫異常等原因は様々ですが、様々な要因があり脱毛を引き起こします。

抗がん剤治療による副作用等致し方なく引き起こしてしまう脱毛も症状の一つとして出てしまう脱毛も他人の目から見れば変わりません。病気の中で更にそういった他人の目が気になりストレスを抱えては負の連鎖です。当サイトでは病気による脱毛のカバーの役割を持つ医療用ウィッグの説明をします。